売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

ビットコイン発明者、サトシ・ナカモト。ノーベル経済学賞にノミネートされていた

 世紀の革命か、一時の流行か。  古くはハイエク、2015年はアンガス・ディートンが受賞し、日本人が受賞したことが...続きを読む

「マウントゴックス」創業者の今 フィンテックの衝撃

 急激な価値の上昇から「現代のゴールドラッシュ」といわれた仮想通貨ビットコイン。その取引量で一時は世界最大だったビットコ...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > 2015年を「ビットコイン」のニュースで振り返る

2015年を「ビットコイン」のニュースで振り返る

ZUU online
2015年12月24日 10時00分
 ビットコイン・ファウンデーションのマーク・サントリ会長が、今年ビットコイン業界で起きた重要な出来事をランキング形式で発表した。トップ10をカウントダウン形式で紹介しよう。

10. 米ニュージャージー州で「The Digital Currency Jobs Creation Act」設立

 6月にニュージャージー州で導入された仮想通貨規制。採掘作業に必要な光熱費等が大幅な減税対象になるという点が最大の魅力だが、仮想通貨ビジネスの開設許可を取得する代わりに、州立法部への登録が必要になった。

9.香港政府がビットコインの法的規制を却下

 香港政府は3月、「仮想通貨はファイナンシャル・システムの脅威にはなりえない」として、法的規制導入を却下。香港のビットコイン業者は明確なガイドラインを与えられないまま、事業を継続することになる。

8. 米商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨をコモディティと認定

 米Coinflipが「ライセンスなしで仮想通貨の取引きを行なっている」として、業務停止を命じられたことにより、米国における仮想通貨を用いた取引きが米商品取引法に基づいて規制されることが明確になった。

7. 米金融犯罪執行ネットワーク、FinCENが仮想通貨取引業者の監査開始

 マネー・ロンダリング対策(AML)や違法取引対策の一環として、登録済みの仮想通貨取引業者への監査実施が5月に発表された。

6. 米カリフォルニア州でAB 1326が導入

 3月にカリフォルニア州が導入した仮想通貨のライセンス・プログラム「AB 1326」は、ライセンス取得、更新料金に加え、小規模でビジネスを展開する業者には厳しい規制法律案となっており、現在見直しが実施されている。2016年には修正法案が導入される予定だ。

5. 米証券取引委員会(SEC)がビットコイン採掘業者を告訴

 米ビットコイン採掘業2社が「ネズミ講」として公的機関に告訴されたことで、「ビットコイン採掘契約も法的な裁きを受ける詐欺行為となりかねない」という規制ラインが明らかにされた。

4. ニューヨーク州による「ビットコイン・ライセンス」の義務化

 2013年より仮想通貨取引きに関する違法行為の取り締まり対策が練られていたが、9月以降、ニューヨーク州のビットコイン業者にはライセンスが取得を求められるようになった。これによりビットコイン業者が他州に流れるなど、反発を示す動きも見られている。

...続きを読む≫
コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する