売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

 三菱東京UFJ銀行が世界最大の仮想通貨取引所を運営する米コインベースへの出資を決めた。3メガバンクはこれまで仮想通貨を...続きを読む

三菱UFJ銀、仮想通貨使い海外送金 米社と開発へ

 三菱東京UFJ銀行は仮想通貨の世界最大の取引所を運営する米コインベースと資本提携する。まずは円やドルの海外送金の仕組み...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > ビットコイン支える技術「ブロックチェーン」に世界中の金融機関が本腰

ビットコイン支える技術「ブロックチェーン」に世界中の金融機関が本腰

ZUU online
2015年09月28日 09時00分

 仮想通貨「ビットコイン」がカフェでも普通に使える「通貨」として浸透しはじめている。ビットコインのシステムは非常に簡素化されており、ソフトをイン トール後、ビットコイン・アドレスを登録すればコインの受け渡しが可能になる。すべての取引はブロックチェーンに記録され、誰でも観覧できるようになって いる。

世界中の金融機関が本腰を入れはじめた

 最大のメリットは、銀行のような中央組織を必要としないため、従来の決済システムよりも簡単かつ経済的で、所要時間も短縮されるという点だ。

 ビットコインの人気上昇に伴い、ビットコインとそれを支えるブロックチェーン・テクノロジーに、世界中の金融機関が本腰を入れはじめた。

 今年の夏、ニューヨーク州金融サービス局が「ビットコイン規制」のフレームワークを配布したほか、英バークレイズ銀行、米JPモルガン、豪コモンウェルス銀行などの国際的大企業が提携して、金融機関の決済システムにブロックチェーンを導入する準備を進めている。

 この提携システムを取り仕切っているのは、ウォール街で24年間の経験をもつ、デビッド・ラター氏だ。最先端の米マーケティング企業、ICAPエレクト リック・ブローキングでCEOを勤めたラター氏だが、現在はR3というベンチャー企業を運営している。米ビジネス・インサイダー紙に語ったところでは、 「ブロックチェーンを金融サービスに採用し、商用アプリケーションも開発する」予定だ。

起業したJPモルガン出身者が示す懸念

 一方、JPモルガンでの長年の勤務経験を活かして、米デジタル・アセット・ホールディングスを立ち上げたのはブライズ・マスターズ氏である。同社はブ ロックチェーン・テクノロジーを、安全性の高い資産決済システムの開発に取り入れようとしている数少ない企業の1つだ。スタートアップ企業から大銀行まで 多様な目的で普及させようという狙いだが、マスターズ氏は「規制監督当局が新しいテクノロジーの採用に積極的な国の方が、ブロックチェーンテクノロジーは 普及しやすいでしょう」と、規制という壁にやや懸念を示す。

 しかし既に業界内では、ローン・シンジケートから土地権利の譲渡まで、ブロックチェーン・テクノロジーの様々な利用法が提案されている。9月にニュー ヨークで開催されたコインデスク・コンセンサス・カンファレンスでは、米ナスダックのブラッド・ピーターソン情報統括役員も、「ブロックチェーン・テクノ ロジーが決済システムの主流になるだろう」と発言するなど、この分野での革命は近い将来、本格化するはずだ。 (ZUU online 編集部)

コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する