売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

ビットコイン発明者、サトシ・ナカモト。ノーベル経済学賞にノミネートされていた

 世紀の革命か、一時の流行か。  古くはハイエク、2015年はアンガス・ディートンが受賞し、日本人が受賞したことが...続きを読む

「マウントゴックス」創業者の今 フィンテックの衝撃

 急激な価値の上昇から「現代のゴールドラッシュ」といわれた仮想通貨ビットコイン。その取引量で一時は世界最大だったビットコ...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > 「ビットコインは所有権の対象に当たらず」東京地裁

「ビットコインは所有権の対象に当たらず」東京地裁

産経ニュース
2015年08月05日 21時25分
 仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の取引所「マウントゴックス」=破産手続き中=を利用していた京都市内の男性が、同社の破産管財人に対して、預けていたBTCの返還を求めた訴訟の判決が5日、東京地裁であった。倉地真寿美裁判長は「BTCは所有権の対象とならない」と判断し、請求を棄却した。

 判決で、所有権は民法上、液体や気体など空間の一部を占める「有体物」と定義され、排他的に支配できるものを対象としていると指摘。その上で、デジタル通貨であるBTCは有体物に当たらず、BTCを利用者間でやりとりする際には、第三者が関与する仕組みになっており、排他的支配の実態もないと認定した。

 判決によると、マウントゴックスの男性の口座には約458BTC(昨年6月時点で約3100万円相当)が残っていた。
コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する