売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

 三菱東京UFJ銀行が世界最大の仮想通貨取引所を運営する米コインベースへの出資を決めた。3メガバンクはこれまで仮想通貨を...続きを読む

三菱UFJ銀、仮想通貨使い海外送金 米社と開発へ

 三菱東京UFJ銀行は仮想通貨の世界最大の取引所を運営する米コインベースと資本提携する。まずは円やドルの海外送金の仕組み...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > 米NY州、ビットコイン規制の最終案 取扱業者に免許制

米NY州、ビットコイン規制の最終案 取扱業者に免許制

日本経済新聞
2015年06月04日 20時18分
【ニューヨーク=蔭山道子】米ニューヨーク州の金融サービス局(NYDF)ビットコインビットコインは3日、ビットコインなどの仮想通貨を取り扱う企業を対象とする免許制導入へ向け、最終案を発表した。仮想通貨に焦点を当てた規制導入は、全米初となる。世界最大規模の金融街を抱える同州の判断は影響力を持つだけに、同様の動きが他州にも広がるかが注目される。


今後、同州が採用を公示すれば、規制として効力を持つようになる。

免許取得を義務付けられるのは、仮想通貨の送金・受け取りや、円・ドルといった通貨と仮想通貨の交換を手掛ける企業。仮想通貨の保管・管理業務を手掛ける企業も対象となる。該当企業の財務や仮想通貨取引の状況を当局が把握することで、利用者の資産消失や仮想通貨を利用した違法行為などを防ぐ狙い。

仮想通貨の規制導入を巡っては、技術革新の妨げになりかねないと懸念する声もある。だがNYDFは「仮想通貨に対する消費者の信頼を確立すれば、利用も一段と広がる」と規制導入の必要性を強調している。

仮想通貨を個人的に売買したり、仮想通貨を利用して物やサービスを購入したりする個人は規制の対象外となる。物やサービスと引き換えに仮想通貨を得る小売企業や、仮想通貨を利用するためのアプリ(応用ソフト)の開発企業なども対象に含まれない。

コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する