売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

ビットコイン発明者、サトシ・ナカモト。ノーベル経済学賞にノミネートされていた

 世紀の革命か、一時の流行か。  古くはハイエク、2015年はアンガス・ディートンが受賞し、日本人が受賞したことが...続きを読む

「マウントゴックス」創業者の今 フィンテックの衝撃

 急激な価値の上昇から「現代のゴールドラッシュ」といわれた仮想通貨ビットコイン。その取引量で一時は世界最大だったビットコ...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

 半減期が来た!!!

 つい先ほどBitconはその短い寿命の大きな節目を迎えた。ブロック(トランザクションデータの集合単位)を採掘する報酬が、25 bitcoinから12.5 bitcoinへと半分になった。

 これは、コインの価値を650ドルと仮定すると、今後採掘者たちはブロック当たり8125ドル程度を得ることになる。半減する前は1万6250ドルだった。

 でも問題ない!これは起こるべくして起きたことだ。説明しよう。

 Bitcoinのコードが書かれた時、2100万bitcoin以上の通貨が出回ることがないように設計された。そして人々が採掘すること(これが bitcoinネットワーク全体の価値を立証し維持している)を奨励するために、Satoshiはブロック毎に報酬を与えるしくみを作った。

 設立当初、報酬は採掘された1ブロック当たり50 bitcoinだった。そしてプログラムは、21万ブロック採掘される毎に報酬を半分にし、64回の半減期の後、ゼロになるように作られた。

 この指数的半減は、最後の半減期が来るのは100年以上先だが、全bitcoinの75%が既に採掘され流通していることを意味している。

 そして今日は、Bitcoinの歴史上2回目の半減期だ。最初の半減期(報酬が50から25 bitcoinsに切り下げられた)は2012年11月のことで、当時の価値は12ドルくらいだった。

しかし、それは〈私〉にとって何を意味するのか?

 オーケー、歴史の講義は十分だ。おそらく知りたいのは、bitcoinの価格がどう影響を受けるかだけだろう。

 完全市場では、米ドル/bitcoinが単純に2倍になり、報酬のbitcoinが半分になったのを補償する。これは論理的だ、なぜなら採掘にかかるコストは変わっていないのだから、価値を倍にしなければ収入が直ちに半分になってしまう。

 しかし市場が完全ではないことをわれわれは知っている。そのため、われわれはせいぜい予想することしかできない。そして最も論理的な結論はこうだ。 半減による価格への影響は、市場が予測していたことによって既に起きており、過去6ヵ月間の大きな値上がりの主たる理由はおそらくそれだ。

 今日はここまで。みんなで半減パーティーを楽しもう。もし祝う機会のない人は、まだあと62回半減期が来ることを忘れないでほしい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する