売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

 半減期が来た!!!  つい先ほどBitconはその短い寿命の大きな節目を迎えた。ブロック(トランザクションデータ...続きを読む

顧客の金3億円着服か マウント社社長を再逮捕へ

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が大量に消失した事件で、警視庁は、ビットコイン取引所を運営していたフランス人...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > 三菱東京UFJ,独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋

三菱東京UFJ,独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋

朝日新聞DIGITAL
2016年06月10日 03時07分
 三菱東京UFJ銀行は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行する。ITを活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めて。利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりできる。信用力が高いメガバンクの本格参入で、仮想通貨の裾野が広がりそうだ。

 MUFGコインは、利用者が、同行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でコインに交換し、スマートフォンのアプリに取り込むなどして使う。

 利用者同士はわずかな手数料でコインをやり取りでき、会食後の「割り勘」などでの利用が想定されている。空港で外貨に換えて引き出すこともでき、手数料も大幅に安くなるという。

「Suica」(スイカ)など、前払い式の電子マネーと似ているが、利用者同士がネットを通じて「送金」できる点などが異なる。

 同行は、コインを取り込んだスマホをかざせば現金を引き出せる新型ATMの開発も進めており、2018年春から順次、配備する予定。実現すれば、同行に口座を持たずとも、スマホに取り込んだコインをATMで現金化できるようになる。

 さらに、さまざまな店舗と提携して支払いにコインを使えるようにする。ポイント制を導入する構想もあり、将来的には、コインを中心とする「商圏」の構築につなげたい考えだ。

 仮想通貨の「ビットコイン」などにも使われている取引記録の新技術「ブロックチェーン」を活用。取引を管理する大型コンピューターが不要になり、システム運営のコストが大幅に抑えられる。

 同行幹部によると、スマホに取り込む専用アプリの試作品はすでに完成。今後、行員の行内厚生施設利用をコインで補助するなどの実証実験を進める。

 仮想通貨は、ビットコインなど600種類以上あるといわれる。ただ、円など法定通貨との交換比率が変動して投機の対象になりがちなことなどが、幅広い普及への壁になっている。メガバンクが発行し、円との交換比率が一定のMUFGコインの登場は、仮想通貨を一気に身近なものにする可能性を秘めている。

 同行は当初、コインを当面は「行内通貨」にとどめる方針だったが、これまでの実験で行内で「コインは利用者の利便性を高める」との声が高まり、一般向けの発行に踏み切る。

 ここ数年、新興のIT企業などがフィンテックを活用し、決済など銀行の独壇場だった事業に続々と参入しており、世界の金融機関が対応を迫られている。三菱UFJのコイン発行は、みずからもフィンテックの活用を急ぎ、IT企業などに対抗する狙いがある。(織田一)
コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する