売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

「マウントゴックス」創業者の今 フィンテックの衝撃

 急激な価値の上昇から「現代のゴールドラッシュ」といわれた仮想通貨ビットコイン。その取引量で一時は世界最大だったビットコ...続きを読む

ビットコイン発明者、サトシ・ナカモト。ノーベル経済学賞にノミネートされていた

 世紀の革命か、一時の流行か。  古くはハイエク、2015年はアンガス・ディートンが受賞し、日本人が受賞したことが...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > ビットコイン「自分が考案者」 豪起業家が名乗り

ビットコイン「自分が考案者」 豪起業家が名乗り

NHK NEWS WEB
2016年05月02日 21時50分
 大きな謎とされているインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の考案者について、イギリスのBBCなどはオーストラリアの起業家が初めて名乗り出たと伝え、今後、議論を呼びそうです。

「ビットコイン」は、2009年ごろからインターネット上で使われ始めた仮想通貨で、「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が書いた論文が基になったとされていますが、その考案者については大きな謎とされています。

 イギリスのBBCは2日、オーストラリアの起業家、クレイグ・ライト氏が自分がビットコインの考案者だと初めて名乗り出たと伝えました。この中で、ライト氏は「私が中心的な役割を果たしたが、いろいろな人の助けも借りた」と話し、コンピューターを使って技術的な裏付けを示したとしています。

 また、ライト氏は今回名乗り出た理由について、去年末に自分の名前が報道されて自分や知り合いがしつこく取材を受けたとして、「でっちあげの話も多く、これ以上、大切な人が傷つくのは嫌だと思った」と話しました。

 ライト氏はまた、イギリスの雑誌「エコノミスト」に対し、「ナカモト」という名前を使った理由について、江戸時代の日本の学者にあやかったと話しました。

 しかし、「エコノミスト」は検証のための質問にライト氏が十分に答えなかったため、本当に「ビットコイン」の考案者なのかさらなる調査が必要だとしており、今後、議論を呼びそうです。

 
コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する