売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

東京都中央区と新宿区で仮想通貨「エターナルコイン」が換金可能に

 仮想通貨事業とITソリューション事業を手がける株式会社エターナルリンク(本社:東京都中央区、代表取締役:小野寺 利晃)...続きを読む

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

 半減期が来た!!!  つい先ほどBitconはその短い寿命の大きな節目を迎えた。ブロック(トランザクションデータ...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > 三菱東京UFJ、独自の仮想通貨試験 実用化なら管理コスト大幅節約

三菱東京UFJ、独自の仮想通貨試験 実用化なら管理コスト大幅節約

SankeiBiz
2016年04月07日 06時22分
 三菱東京UFJ銀行が、独自の仮想通貨の実証実験に着手したことが6日、分かった。ITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の一環で、実用化されれば金融取引の管理コストを大幅に節約し、決済や国際送金、振り込みの手数料を安くできる可能性がある。1日就任した小山田隆頭取がフジサンケイビジネスアイのインタビューで明らかにした。

 同行は、独自の仮想通貨を、持ち株会社の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)から「MUFGコイン」と名付けた。MUFGコインは、複数の小型コンピューターのネットワーク上で取引記録を管理する「ブロックチェーン」と呼ぶ技術を活用。

 ビットコインなどでも使われており、処理の早さや改竄(かいざん)されにくい安全性が特徴だ。従来のように大型コンピューターを介する必要がなくなり、システム投資も抑えられる。

 スマートフォンにMUFGコインを取り込む専用アプリ「ウォレット」を試作。1〜2月に5人程度のメンバーで最初の実験を行い、アプリにコインを貯金してメンバー同士でやり取りした。今後もさまざまな実験で実用性を検証する。

 小山田頭取は「インフラコストの低下メリットをどう顧客に還元できるか見極めたい」とし、「3ヵ月ごとに成果を検証する」考えを示した。

 実用化は数年先の見込みで、関係者によると、現在、4000円程度かかっている国際送金の手数料を大幅に引き下げられる可能性があるという。顧客が自分の預金をスマホの専用アプリでコインに交換し、海外の空港などで外貨で引き出せるようにする案もある。事前に両替する手間が省ける。

 MUFGは、3月に米シティグループなど世界の金融大手とブロックチェーンで債券を発行する実験にも成功。実用化されればグローバル企業が全世界で社債を手軽に発行し、資金調達しやすくなる。小山田頭取は「フィンテックは銀行業務そのものを変えていく。2016年度は実践の年」と語った。
コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する