売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

ビットコイン発明者、サトシ・ナカモト。ノーベル経済学賞にノミネートされていた

 世紀の革命か、一時の流行か。  古くはハイエク、2015年はアンガス・ディートンが受賞し、日本人が受賞したことが...続きを読む

「マウントゴックス」創業者の今 フィンテックの衝撃

 急激な価値の上昇から「現代のゴールドラッシュ」といわれた仮想通貨ビットコイン。その取引量で一時は世界最大だったビットコ...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP > ニュース > ビットコインが「硬貨」に―日本で配布開始

ビットコインが「硬貨」に―日本で配布開始

インターネットコム
2016年03月03日 12時55分
 仮想通貨/暗号通貨「ビットコイン」を入手できる「硬貨」のかたちをしたノベルティ「悟コイン」が3月28日〜4月28日に配布予定という。過去にビットコイン用の「ATM」を輸入した来夢という企業が企画している。ビットコインを宣伝するための試みのようだ。

 架空の硬貨をかたどったノベルティで、1枚ごとに0.001BTCを入手できるQRコードがついている。目下ビットコインについては、インターネット上で「取引所」というサービスを通じて購入するのが一般的だが、取引所に身分証明書を提示したり、時間がかかったりと慣れない人には大変だそう。

 そこで、よりビットコインになじみやすいようにするのがこうしたノベルティの役割という。

 実際にビットコインを入手する方法はというと、シールを剥がし、裏面にあるQRコードをスマートフォンなどで撮影し、各種の「ビットコインウォレット」というアプリケーションで読み取ればよい。

 配布方法は今後明らかにするという。5月16日からは全国で悟コインの販売も始める予定。価格は1枚500円(税込)。
コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する