売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

ビットコイン発明者、サトシ・ナカモト。ノーベル経済学賞にノミネートされていた

 世紀の革命か、一時の流行か。  古くはハイエク、2015年はアンガス・ディートンが受賞し、日本人が受賞したことが...続きを読む

「マウントゴックス」創業者の今 フィンテックの衝撃

 急激な価値の上昇から「現代のゴールドラッシュ」といわれた仮想通貨ビットコイン。その取引量で一時は世界最大だったビットコ...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



リップル・ビットコイン仮想通貨研究所 > ゲートウェイとは

 リップルを利用するには、ゲートウェイ(取引所)にて日本円をJPYに交換し、JPYをRippleTradeアカウントに保有しなくてはなりません。イメージとしては証券会社に口座を開くことに近いかもしれません。株式を購入する際に利用する証券会社が数多くあるように、手軽に取引を開始できるゲートウェイが複数あります。

 つまりリップルを利用する際に、最初にすることはこのゲートウェイを選ぶということになります。

 ただし、現状では銀行や証券会社のように、政府発行の免許制度が整っているわけではありませんので、信用の面でどのゲートウェイを選べばいいのか不安に思われる方が多いでしょう。

 現在、信用面から考える場合にひとつの判断基準になるのは国際リップルビジネス協会(IRBA:International Ripple Business Association)による公認を受けているかどうかという点です。


 現在、日本国内のIRBA公認のゲートウェイは以下の4つです。この4つのゲートウェイであれば安心だといえるでしょう。
 
ミスターリップル 
ミスターリップル
東京JPY発行所
リップルエクスチェンジ東京
デジタルゲートジャパン
デジタルゲートジャパン