売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

 半減期が来た!!!  つい先ほどBitconはその短い寿命の大きな節目を迎えた。ブロック(トランザクションデータ...続きを読む

顧客の金3億円着服か マウント社社長を再逮捕へ

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が大量に消失した事件で、警視庁は、ビットコイン取引所を運営していたフランス人...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



リップル・ビットコイン仮想通貨研究所 > リップルって何!?

リップルって何!?
 リップルとは、インターネットを使った金融取引のためのプロトコルのことです。ネットバンクを利用している人ならばイメージしやすいかと思いますが、ネット上で送金・入金などが行なえるシステムそのものがリップルで、仮想通貨というよりも仮想通貨を支えるシステムそのものだと考えたほうが適切です。
※ちなみに日本では「仮想通貨」という名称が定着しつつありますが、世界的には「crypto currency(クリプト・カレンシー=暗号通貨)」という名称で統一されています。

 ただしリップルは紙幣や硬貨のような実態があるものではありません。そのためネットバンクのように直接ATMで入金したり引きだしたりするものではありません。現金に換えるには、ネット上のウォレット(個人口座)からの操作で銀行口座へ入金する必要があります。

 つまりリップルとはリップル単体で扱うものではなく、銀行など金融機関のシステムと連携させて扱うものだということです。銀行口座と組み合わせて使用することから、使い方としてはネット証券にも似ているともいえます。
 
 リップルの持つ特性のひとつに国際決済があります。通常国際決済の場合、双方の持つ資金を移動させるには双方の口座がある金融機関を通じた送金が必要になります。この場合、金額に応じた手数料が必要になること、支払完了までに数日時間がかかること、また円高・円安といった為替レートによって損益が生じるといったデメリットがあります。

 たとえば日本企業(円)がアメリカの企業に支払う(ドル)場合、日本の銀行からアメリカの銀行に送金手続きをとり、それぞれの金融機関に手数料を支払うことになります(国際送金は入金側にも手数料がかかります)。日米双方の金融機関の確認にも時差があり、または営業日の違い(祝日など)がある場合はさらに日数がかかります。
 しかしリップル決済の場合、決済は数秒で済み、かつ手数料も大幅に少なくて済みます。
 
 


 このように、リップルは銀行・証券・クレジット会社といった従来の金融機関の持つほとんどすべての機能を有した金融システムです。実際に個人利用に先駆けて、リップルを決済に利用している銀行も増えています。

 では個人としてリップルを所有する魅力は何かと言えば、やはりその将来性です。現状、リップルとして保有されている資産は現状約10兆円ですが、グローバル決済がますます重要になるなか、将来的には全世界で約600兆円のリップルが必要になるという試算があるほどです。
 

 リップルにはこうした中長期的な資産価値のほかに、短期的な資産価値としての魅力もあります。
アービトラージ(裁定取引)といって、金利差や価格差を利用して売買することで利鞘を稼ぐ取引のことです。鞘取りとも呼ばれます。

 具体的には保有する仮想通貨を使って、複数の取引所間の価格差を利用して差益を稼ぐ手法です。仮想通貨の価格が安い取引所では「買い」、価格が高い取引所では「売り」を出します。もちろん一回当たりの取引額によって利益は変わりますが、当然大きな額を動かせば利益も膨らみます。

 リップルは円、ドル、ユーロ、さらにはビットコインにも両替が可能です。つまり国際通貨の触媒としての特性を持っていること、さらに瞬時の決済ができることからこのように短期売買にも利用されています。こうした点はFX取引にも似た特性だとも言えます。

 つまりリップルとは仮想通貨というよりも仮想通貨の触媒、または送金マシンという言い方もできます。円やドルといった通貨であれ、ビットコインなどの仮想通貨であれ、リップルを利用することにより世界中に瞬時に送金することが可能です。もちろん受け取る側は円やドル、あるいはビットコインなどの仮想通貨で受け取ることが可能なのです。