売値JPY

読込中...

買値JPY

読込中...

人気の記事

三菱UFJがブロックチェーン技術の国際団体に加入、国内でも関連サービスが相次ぎ登場

 ビットコインに代表される暗号通貨の中核技術「ブロックチェーン」の活用を目指す動きが本格化してきた。2015年9月29日...続きを読む

「マウントゴックス」創業者の今 フィンテックの衝撃

 急激な価値の上昇から「現代のゴールドラッシュ」といわれた仮想通貨ビットコイン。その取引量で一時は世界最大だったビットコ...続きを読む

ビットコイン発明者、サトシ・ナカモト。ノーベル経済学賞にノミネートされていた

 世紀の革命か、一時の流行か。  古くはハイエク、2015年はアンガス・ディートンが受賞し、日本人が受賞したことが...続きを読む

最近の記事

三菱UFJ、米仮想通貨取引所に出資

日本経済新聞
2016年07月11日 14時35分

Bitcoinの採掘報酬が半分になった

Techcrunch.com
2016年07月11日 10時00分

ビットコインの「半減期」、4年に1度の大イベント

日本経済新聞
2016年07月08日 19時34分



TOP / アーカイブ / 2015年2015月

再び注目を浴び始めたビットコイン--新興国で取引量が上昇する理由

再び注目を浴び始めたビットコイン--新興国で取引量が上昇する理由

CNET Japan 2015年05月d日 13時00分

 2014年、ビットコインの大手取引所であり、東京に拠点を構えるマウントゴックスが破綻し、メディアをにぎわせた。それ以前からも、米国の主流メディアでビットコインが取り上げられるのは、破綻や詐欺などネガティブな報道が主だった。  ところが、最近、少し様子が変わってきた。3月に楽天が米国でビットコインを新たな決済手段...続きを読む

ビットコイン信用力アップに躍起 「銀行並みの安全性」

ビットコイン信用力アップに躍起 「銀行並みの安全性」

朝日新聞デジタル 2015年05月d日 17時15分

米国の仮想通貨ビットコイン業者が「信用力」を高めようと躍起になっている。取引所の設立に州政府からお墨付きを得たり、ウォール街の大手金融機関から出資してもらったり。「未来の決済システム」として注目を集める一方、新しい規制の動きも始まっている。 ■大手金融機関も出資 5月初旬の夕方、ワシントンの繁華街にあるカフ...続きを読む

仮想通貨で800万円の詐欺被害 県内初、鶴岡の80代女性

仮想通貨で800万円の詐欺被害 県内初、鶴岡の80代女性

山形新聞 2015年05月d日 07時37分

インターネット上で取引する仮想通貨「リップル」の定期預金名目で現金800万円をだまし取られたと、鶴岡市内の80代女性が19日までに、鶴岡署に届け出た。県警捜査2課によると、リップルを名目にした詐欺被害は県内で初めて。 同課によると、女性宅に2月下旬、リップルを扱うという会社からパンフレットが届き、社員を名乗る男か...続きを読む

増殖する次世代ビットコイン ユーロの再現狙うリップル

増殖する次世代ビットコイン ユーロの再現狙うリップル

WEDGE Infinity 2015年05月d日 12時00分

 楽天は2015年3月の会見で、同社の米国サイトにおいてビットコインによる支払いを受け入れる計画を明らかにし た。リクルートがビットコイン関連のベンチャーに投資するなど、日本でもビットコインへの投資が活発化している。その一方で、ビットコインに代わる次世代 の仮想通貨も台頭しつつある。これらはアルトコイン(Alterna...続きを読む

米でビットコイン取引所に初の「銀行」免許

米でビットコイン取引所に初の「銀行」免許

日本経済新聞 2015年05月d日 06時30分

米ニューヨーク州の金融サービス局(NYDFS)は7日、仮想通貨ビットコインを扱う取引所「イットビット(itBit)」に免許を交付した。これにより、イットビットは米国で広く事業を展開できるようになる。 米ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、イットビットはNYDFSからの免許取得に加え、2500万ドル規模の資金調...続きを読む